広澤克実が語るロス五輪金メダルの真実「チームワークなんてなかった」

野球日本代表 オリンピックの記憶〜1984年ロサンゼルス大会
証言者・広澤克実(1)

 1984年のロサンゼルス五輪で、野球日本代表チームは公開競技ながらも金メダルを獲得した。当時の日本代表はアマチュアのみの編成で、大学、社会人から精鋭が集められた。しかし、大学生と社会人との間にはオリンピックに対する温度差があり、チームは崩壊寸前だった。いったい日本代表に何が起きていたのか。大学生ながら日本代表の4番を担った広澤克実(当時:広沢克己)が振り返る。


アメリカとの決勝戦でホームランを放った広沢克己

 ロサンゼルス五輪? あの時のオリンピックで思い出すことと言えば、そりゃ、やっぱりカール・ルイスでしょう。えっ、野球の話? ああ、そうですよね(笑)。だったら僕らが決勝で勝った時、当時のIOCの(フアン・アントニオ・)サマランチ会長から直に金メダルをかけてもらったシーンかな。

 試合が終わったのが午後11時を回っていたのに、会長自らメダルをかけてくれたんです。

1 2 次へ