吉田麻也が移籍熱望。裏にはサウサンプトンが抱えている複雑な事情が

 サウサンプトンの吉田麻也が、移籍希望を明らかにした。

 1月25日に行なわれたトッテナム・ホットスパーとのFAカップ4回戦。国内リーグ戦よりもチームとしての優先順位の低いカップ戦で、吉田はベンチで試合終了のホイッスルを聞いた。

 今季でサウサンプトン在籍8季目の吉田は、極めて厳しい状況に置かれている。リーグ戦の先発は、0−9の歴史的大敗を喫したレスター・シティ戦(10月25日)が最後。過去3カ月における公式戦の先発はFAカップ3回戦・ハダースフィールド・タウン戦の1試合しかなく、出場機会が激減している。


出場機会の激減している吉田麻也が移籍希望を明言した

 試合後の囲み取材で、吉田は1月の移籍期間で移籍先を模索していると明かした。1月31日の市場閉幕まで新天地を探していくと言う。

「(記者:移籍市場は1月31日に閉幕するが、状況は?)俺が聞きたいです(笑)。まだそういう魅力的な話は、具体的な話になっていないです。

1 2 次へ