柴崎岳を目覚めさせた名将の手腕。変貌したデポル、降格圏を脱出

 スペイン北西にあるガリシア地方、港町ラ・コルーニャを本拠とするデポルティーボ・ラ・コルーニャは、2000年代前半、欧州サッカー界で旋風を巻き起こしている。

 名将ハビエル・イルレタ監督に率いられたデポルは、フラン、マウロ・シルバ、ロイ・マカーイ、フアン・カルロス・バレロンらが勇躍。チャンピオンズリーグ(CL)でマンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、バイエルン・ミュンヘン、ユベントスというビッグクラブを、次々に叩きのめした。2003−04シーズンのCL準々決勝で、当時、覇権を握っていたイタリアのミランに、アウェーでの1−4の敗戦から、ホームで4−0と逆転勝利したゲームは歴史に残る。

“スーペル・デポル”はひとつの時代を作った。


アルバセテ戦に3試合連続で先発した柴崎岳(デポルティーボ・ラ・コルーニャ)

 ところが、2000年後半から彼らは下降線の一途をたどっている。2010年代になると1部と2部を行き来する”エレベータークラブ”と揶揄される始末。負の連鎖で、借金は一時200億円超にも膨れ上がった。

続きを見る

1