松山英樹が最後の3ショットを自画自賛。得意舞台で爆発ムードがある

 PGAツアー2019−2020シーズン、松山英樹は、自身の年明け初戦となるソニーオープン(1月9日〜12日/ハワイ州)で12位タイ。まずまずのスタートを切った。

 その後、PGAツアーの舞台はアメリカ本土に移動。松山は、カリフォルニア州のトーリー・パインズGCで開催されたファーマーズ・インシュランスオープン(1月23日〜26日)に出場し、4日間通算3アンダー、45位タイに終わった。


ファーマーズ・インシュランスオープンでは45位タイに終わった松山英樹。photo by Getty Images

 初日、サウスコースを回った松山は、2バーディー、3ボギーの1オーバー。87位タイと出遅れた。

「久々にドライバーがよかったので、(自分でも)ちょっとびっくりした(笑)。でも、ドライバーがよくなったら、アイアンとか、他が悪くなって……。ティーショットのあと、そこからがなかなかうまくいかなかった。ドライバーとアイアン、どっちもよくなるようにしたい。

1 2 次へ