「家庭でも主役になりたい」ある父親の叫び

「家庭でも主役になりたい」ある父親の叫び

男性は家庭で主役になれないのでしょうか(写真:プラナ / PIXTA)

女性の育児や仕事など、女性の問題ばかりが取り上げられるこのご時世。しかし、男だって「男ならでは」の問題を抱えて生きづらさを感じています。男が悩むのは“女々しい”!? そんなことはありません。男性学研究の精鋭、田中俊之先生がお答えします。

※お悩み相談はこちらの投稿フォームへ

■今回の相談

田中先生は、最近「わ・き・役」という言葉を提唱されています。私自身も、子育てにかかわっている経験から、割り込まず、競わず、妻の役に立つ、ということが、夫婦円満のために非常に重要であると感じます。しかし、一方で、男性が家庭生活の中で、脇に立って、脇役でいなければならないことに、絶望も感じます。

私は、家庭・子育てでも主役になりたくて、子育てに理解のある会社に転職し、育休をとり、短時間勤務制度も利用して働いています。男性であっても、育児の主役になりたい、なれるはずだ。そう思って頑張ってきました。

しかし育休取得時、妻に言われたのは、「あなたが育休を取ったのは、子育てのためじゃないでしょ。私を支えるためでしょ。もっと私を支えてよ」という言葉でした。育休は、読んで字のごとく、育児をするための休暇、妻を支えるための休暇ではない、そう思っていた私はショックを受けました。私は育児を精一杯やりたくて、そのために頑張ってきたのに、求められているのは育児ではなく、脇役となって妻をサポートすることだったなんて……。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)