日大アメフト部の指導者に欠けていた言葉

日大アメフト部の指導者に欠けていた言葉

選手の勇気を養っていく指導者の言葉とは?(写真:RichVintage/iStock)

日本大学アメリカンフットボール部の選手による危険な反則プレーによって、アメフトというスポーツにおのずと注目が集まっています。その名にアメリカンと付くように、アメフトはアメリカで生まれたスポーツであり、全米で最も人気があります。

その歴史は意外と浅く、現在のような超メジャースポーツになったのは1970年代。オフェンスとディフェンスに分かれ、互いに陣地を取り合ってゴール(タッチダウン)を目指すというのが簡単なルールです。攻める者、守る者が体と体をぶつけ合い攻防を繰り返す、実は非常に分かりやすいスポーツとして、アメリカでは不動の地位を得ました。

アメフトの頂点に位置するプロリーグであるナショナル・フットボール・リーグ(NFL)は、レギュラーシーズンに各チームで年間16試合しかありません。同じくプロリーグのあるベースボール、バスケットボール、アイスホッケーと比べ非常に少ないにもかかわらず、全米での興行成績は他を圧倒しています。

■アメフトほどリーダーシップが試されるスポーツはない

そんなアメフトですが、アメリカでは選手たちが正々堂々と戦うスポーツとして見られることも、人気の理由の1つになっています。日本でいえばラグビーです。

ラグビーは試合終了のコールは敵味方がなくなるという意味のノーサイドですが、アメフトの場合は、すでにどちらかの勝利が決まっていれば、時計を止めずに終了のホイッスルを待つカウントダウンでゲームセット。おそらく観衆が最も興奮する瞬間です。また、それは勝ったチームが歓喜の雄たけびを上げる瞬間でもあります。

選手たちは、ヘッドコーチの戦略の通りにプレーし、時には相手のタックルをかいくぐり、時には果敢にタックルで相手を止めに行くのですが、そんな恐怖心をどう克服していくのか。それは日頃の練習もそうですが、相手を恐れない勇気が試されているのです。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)