81歳社長が率いるMマートの次なる事業構想

81歳社長が率いるMマートの次なる事業構想

Mマートがの今後の事業構想は?(写真:Signifiant Style)

飲食業での経験から流通インフラを刷新する必要を感じた村橋孝嶺社長が64歳で起業したMマート。同社は、飲食のBtoBに特化したインターネットマーケットプレイス事業に取り組んでいます。64歳で、それまで馴染みがなかったインターネットを用いて、流通サイトを始めた経緯や成功要因、今後の事業構想について、村橋孝嶺社長にお話を伺います。

2000年創業のMマートは、時代の変化にもかかわらず飲食業界において食材流通のインフラが整理されておらず、卸売店と飲食店がマッチングされないという問題に対して、情報を整理しオープンにしたBtoBに特化したインターネットマーケットプレイスを展開し、流通を変革するためのインフラとなることを目指している。2018年2月に東京証券取引所マザーズ市場に新規上場。証券コードは4380。

■ベテラン飲食店経営者として感じた流通の課題

小林賢治(シニフィアン共同代表。以下、小林):2000年にMマートを創業されたとのことですが、どのような課題感を持って起業されたのですか?

村橋孝嶺(Mマート社長):私はもともと飲食店を長く経営してきました。20歳で起業してから、50年近くになります。バブル崩壊以降に「中抜き」という言葉で、卸の仕組みに対する批判が出始めました。その頃は、飲食店にとって仕入れ先を探すことが難しい時代でした。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)