EXILE HIROが「広告の祭典」に登壇したワケ

EXILE HIROが「広告の祭典」に登壇したワケ

EXILE HIRO氏(写真:LDH)

6月21日、広告業界における世界的な祭典の1つである「カンヌライオンズ」のメインステージ「シアター・リュミエール」にEXILE HIROが率いる「LDH」登壇した。日本のエンターテインメントが同フェスティバルで大々的にフィーチュアされるのははじめてのことだ。

なぜ、LDHはカンヌライオンズで広告関係者を前にプレゼンテーションをしたのだろうか。6月9日、英国発のマーケティング専門メディアCampaignのデイビッド・ブレッケン日本担当編集長がその狙いを取材して14日に公開した記事を紹介する。

「Love」、「Dream」そして「Happiness」の頭文字をとったLDH。今のところ海外で知られる名ではないが、設立者の五十嵐広行社長はその可能性を感じている。

元ダンサーで、一般にはEXILE HIROの芸名で知られる同氏。アーティストのマネジメントとエンターテインメントをプロデュースする同社が、カンヌライオンズのメインステージ「シアター・リュミエール」に登壇する。日本のエンターテインメントが同フェスティバルで大々的にフィーチュアされるのははじめてのことだ。

■カンヌの聴衆にアピールしたい理由は2つ

ダンス&ボーカルグループ「EXILE」のリーダー兼プロデューサーながら謙虚な印象を与えるHIRO氏が、カンヌの聴衆にアピールしたい理由は2つ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)