麻雀を「夢ある世界」に脱皮させる深い仕掛け

麻雀を「夢ある世界」に脱皮させる深い仕掛け

Mリーグ最高顧問に就任した川淵三郎氏(左)。なぜ藤田晋氏(右)の要請に応じたのだろうか(撮影:ヒダキトモコ)

7月17日、国内初となる競技麻雀のプロリーグ「Mリーグ」の発足が発表され、話題を呼んだ。サイバーエージェント、電通、博報堂DYメディアパートナーズ、テレビ朝日、コナミアミューズメント、セガサミーHD、U-NEXTの7企業がチームを保有し、2018年10月1日開幕のリーグ戦に臨む。初年度の優勝賞金は5000万円。インターネット放送局「AbemaTV」で全試合が配信される。

仕掛けたのは、Mリーグの初代チェアマンに就任した藤田晋氏。サイバーエージェントの創業社長でありながら、2014年にはプロアマ含めた最強雀士を決める「麻雀最強戦2014」に出場し、見事日本一を勝ち得た。

さらに、初代Jリーグチェアマンを務めた川淵三郎氏が、Mリーグの最高顧問として藤田氏を支える。川淵氏はNBLとbjリーグに分裂したバスケットボールの国内男子リーグを2016年9月に「Bリーグ」として統一させた実績もあり、“プロリーグ請負人”として知られる。

藤田氏と川淵氏の2トップが、Mリーグに懸ける思いを存分に語った。

■なぜ今、Mリーグなのか?

藤田:2014年に「麻雀最強戦」で優勝して以来4年間ほど麻雀界に身を置き、麻雀に付きまとう「賭け事」のイメージを払拭しなければならないと強く思いました。たとえば、トップレベルのプロであっても麻雀の大会だけではご飯が食べられない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)