貧困女性が「世帯収入1000万円」を叶えた理由

貧困女性が「世帯収入1000万円」を叶えた理由

生活保護から抜け、現在の世帯収入は1000万円を超えているという吉村有里さん(編集部撮影)

この連載では、女性、特に単身女性と母子家庭の貧困問題を考えるため、「総論」ではなく「個人の物語」に焦点を当てて紹介している。個々の生活をつぶさに見ることによって、真実がわかると考えているからだ。

今回紹介するのは、「会社の解雇で激安デリヘルへ。生活保護を受けて、ダラダラ過ごして、まずいと思って就職。元々キャリアだけは無駄にあるので、2017年フルタイム復帰」と編集部にメールをくれた42歳の女性だ。彼女はどのようにして貧困から抜け出したのか。

■再婚と就業で貧困から抜けた

特急に乗って1時間ほど、都内通勤圏のある地方都市。吉村有里さん(42歳、仮名)は、年齢相応の中年女性だった。第一印象からエネルギッシュな性格は伝わり、すぐに勢いよくしゃべりだした。

「末っ子をどうしても地元では有名な私立一貫校に行かせたいの。だから、今は塾が大変。狙っている学校の進学実績は早慶上智50人、GMARCHは120人くらい。この前、1年分の模試をもらってきて、今、私が時間見つけて解いている。彼ができないところを、私が教えているんですよ」

息子が通うのは、費用が高いことで有名な中学受験塾だった。

吉村さんは1年半前まで生活保護を受給する貧困女性だった。連れ子のいる10歳年上の男性と再婚し、自身も中小企業に再就職している。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)