39歳で現役復帰したバスケ元日本代表の覚悟

39歳で現役復帰したバスケ元日本代表の覚悟

8月5日の試合で公式戦出場を果たした渡邉拓馬(筆者撮影)

「久しぶりに試合をして、“これだ〜!”っていう感覚はありましたね。最初は不安でしたが、初戦でスムーズに入れたので、なんとか1日持ち堪えられた。チームメイトにも助けられましたし、何よりこの公式戦での緊張感が、本当に懐かしかったです」

8月5日に東京都・大森ベルポート(品川区)で開催された3人制バスケットボール3×3(スリーバイスリー)のプロリーグ「3x3.EXE PREMIER 2018」関東北カンファレンス・ROUND6にて、東京都立川市を拠点とする3人制チーム「立川ダイス」が今季で4度目の優勝。この日、デビュー戦を飾った同チームの元バスケットボール日本代表の渡邉拓馬は、試合直後に安心しきった表情でこう話した。

同競技は、2020年東京オリンピック・パラリンピックの新種目にも採用されているため、より一層注目度が高まっているスポーツのひとつ。

3x3.EXE PREMIERは2014年に創設され、当初は1カンファレンス7チームだったが、年々参加チームが増加。男子の2018シーズンには6カンファレンス、全36チームにまでとなった(女子は1カンファレンス6チーム)。

シーズン最終戦は8月25日(=ダイバーシティ東京プラザ)に行われ渡邉も出場、9月16日に行われる日本一決定戦のファイナル進出を決めている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)