トルコリラ暴落後の「大惨事」はありえるのか

トルコリラ暴落後の「大惨事」はありえるのか

トルコリラ暴落後"惨事"警戒

トルコリラ暴落後の「大惨事」はありえるのか

世界的な金融危機はありうるのか(写真:Mehmet Kalkan/iStock)

8月10日のたった1日で20%超も下落したトルコの通貨「リラ」の動向に注目が集まっている。金融市場はリーマンショックや1990年代の通貨危機再来を懸念して株式市場も大きく株価を下げた。

そして、いま最も心配されているのが「トルコショック第2ステージ」とも言うべき状況の到来だ。

この数十年で、世界は数多くの金融危機に見舞われた。1990年代以降だけでも、1994年のメキシコ通貨危機、1997年のアジア通貨危機、1998年のロシア、ブラジル通貨危機と続いた。とりわけロシア通貨危機は、当時の最先端技術を誇ったヘッジファンド「LTCM(ロングターム・キャピタル・マネジメント)」を経営破綻に追い込み、その事後処理が原因となって100年に一度の米国不動産信用バブルを引き起こし、最終的にリーマンショックにつながった。

リーマンショックでは、BNPパリバが配下のファンドを閉鎖、あるいはベアー・スターンズ傘下のヘッジファンド破綻が「予兆」となって、100年に一度の大恐慌となった。その後もギリシャショック、チャイナショックなどが相次ぎ、世界は次々と新たな金融危機に直面する時代に入ったと言っていいだろう。

金融危機にはつねに何らかの予兆があり、その予兆を見抜いた投資家が成功者となる。今回のトルコリラ暴落は、投資家にとってはひょっとしたら千載一遇のチャンスなのかもしれない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)