婚活がうまくいかない36歳女性がハマった罠

婚活がうまくいかない36歳女性がハマった罠

30代の3年間は、20代とは重みが違います(写真:kikuo / PIXTA)

「結婚をしたい」と思って恋愛をしても、それがことごとく結婚に結びつかない。ならば積極的に婚活をしようと、婚活アプリや結婚相談所に登録したものの、なかなか結婚できる相手に巡り合えない。

仲人として婚活現場にかかわる筆者が、毎回1人の婚活者に焦点を当てて、苦悩や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、“どうしたら結婚相手が見つかるのか”について考えたい。

■結婚からいちばん遠い場所にいる女性とは?

「30歳を過ぎてからずっと結婚したいと思っているのに、どうして私は結婚できないのでしょうか」

婚活相談に来た立花唯香(36歳、仮名)は、ため息混じりの沈んだ声で言った。流行のショートヘアが、洗練された都会的な雰囲気を醸し出している。聞けば、デザイン関係の仕事をしているという。

「私、鎌田さんがどこかに書いていた記事で“最も結婚から遠い場所にいるのは、彼氏がいない女性ではない。結婚を言い出さない彼氏と付き合っている女性だ”というのを読んで、“あ、これって私のことだ”と思ったんです」

これは、ある女性誌に書いた記事のことだ。

彼氏のいない女性は、“結婚したい”と思って婚活を始め、そこで結婚相手に巡り会えれば結婚できる。しかし、結婚を言い出さない彼氏と付き合っている女性は、自らが結婚を言い出したら2人の関係が終わってしまいそうで、それが怖くて言い出せないでいる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)