「時価」で売るプロ野球チケットは浸透するか

「時価」で売るプロ野球チケットは浸透するか

楽天イーグルスはチケットの「時価」導入による入場者数増加とともに、本拠地の楽天生命パーク宮城を誰もが楽しめるボールパークへと進化させる取り組みを進める(筆者撮影)

まもなく子どもたちの夏休み期間も終わる。プロ野球の球場では夏休み中の小中学生の姿が目立った。

一般的に土曜休日よりも入場者数が少なくなる傾向にある平日でも、小学生を連れた家族だけでなく、中学生同士のグループなどを球場で見かける機会が多かったのも夏休みの特徴だ。大学が夏休みに入り、筆者も球場に足を運ぶ機会が増えた。

筆者が試合観戦をする際には、球場窓口などでチケットを購入することもあるが、あらかじめインターネットでチケットを予約し、球場やコンビニエンスストアで引き換えるのが常だ。

パ・リーグでは、入場者数があまり多くない対戦カードの平日の試合は料金が安くなる場合がある一方、人気の対戦カードやユニフォーム全員配布が行われる試合などでは高くなることが多い。

プロ野球をはじめとするスポーツでは長年にわたって、開幕前に決定した一律価格に基づいてチケットの販売を行ってきた。だが、パ・リーグでは試合ごとにプロ野球のチケット料金は変わることが多い。それはなぜか。

■ダイナミックプライシングとは何か

6月1日、三井物産62.6%、ヤフー34.0%、ぴあ3.4%の出資によって新会社ダイナミックプラスが設立された。同社はコンサート、スポーツ、テーマパーク、催事等の各種興行チケットや、ホテル、配送、駐車場等のサービス産業に対して人工知能(AI)を活用した「ダイナミックプライシングサービス」の提供を事業とする。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)