安倍首相を襲う「9.30沖縄決戦」という試練

安倍首相を襲う「9.30沖縄決戦」という試練

翁長雄志前知事の遺言を受けて、自由党の玉城デニー幹事長が沖縄県知事選への立候補を表明した(写真:共同通信)

厳しい残暑が続く中、永田町の話題は自民総裁選(9月7日告示・20日投開票)一色となっている。ただ、現職の安倍晋三首相と挑戦者の石破茂元幹事長の「一騎打ち」とはいうものの、党内情勢から「首相の3選」が確定的で、すでに党内では3選後の人事構想が飛び交っているのが実態だ。そうした中、首相にとって9月30日に投開票となる沖縄県知事選が「3選後の政権運営を左右する最初の試練」(自民幹部)となる。

翁長雄志(おなが・たけし)同県知事の急逝を受けて実施される同県知事選は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設問題を最大の争点に、与党と「オール沖縄」がそれぞれ擁立する候補が激突することになる。日米合意に基づいて辺野古移設を進める政府・自民党には、「知事選敗北は許されない」(自民幹部)ため、公明党の協力も得て総力戦で臨む。これに対し、保革を超えて辺野古移設に徹底抗戦する翁長県政を支えてきた「オール沖縄」勢力は、立憲民主党など主要野党を巻き込んでの「反政府野党共闘」で迎え撃つ構えだ。

政府は辺野古移設に向けて8月中旬に予定していた埋め立て海域への土砂投入を「天候」を理由にして知事選後まで延期する方針だが、「知事選への悪影響回避が狙い」(政府筋)なのは明白。与党支持候補は「辺野古移設の是非」への明言を避けるなど争点外しに懸命だが、翁長氏の弔い合戦ともなるだけに、「沖縄県民の反政府感情が高まれば、前回知事選に続く政府・自民党の敗北につながる」(自民沖縄県連)との不安は拭えない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)