カリスマ投資家が「ナンピン買い」する地味株

カリスマ投資家が「ナンピン買い」する地味株

株が下がった後に買い増す「ナンピン」は難しい。カリスマ投資家の内田氏は今回2銘柄で挑戦してみた。はたしてうまくいくだろうか(写真: Fast&Slow / PIXTA)

トルコリラ急落には揺さぶられたものの、日本株は9月に向けて遅まきながらも反発ムードも漂ってきた。そんななか、カリスマ投資家の内田衛氏は8月中下旬の相場をどう乗り切っていたのだろうか。どうやら、結果として高値づかみしていた株の「ナンピン買い」をしつつ、次のチャンスをうかがっているようだ。いつものように「株日記」で見てみよう。

■「QBハウス」の株は絶好調!

【8月13日 月曜日】先週末の日経225先物は、100円安の2万2200円。NYダウは196ドル安の2万5313ドルと3日続落。トルコリラ急落を嫌気し、日経平均株価は、440円安の2万1857円と大きく下落。4日続落で、4日間で805円の下げとなった。

こんな中でも、内需株の日本郵政(6178)は、30円高の1258円、すかいらーく(3197)は、19円高の1583円と逆行高。ヘアカット専門店のキュービーネットホールディングス(6571)は、引け後、2018年6月期決算を発表した。6月期末配当は、18円となり、配当性向は、20.8%となった。また、2019年2月より価格改定(1080円から1200円)、シニア(65歳以上)平日1000円から1100円を発表した。理美容師の採用・育成への積極的な投資や、店舗スタイリストの安定的な待遇改善を目的としたことのようだ。ちょっと安すぎると思っていたので、この値上げには理解されるのではないかと思う。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)