小学校で「道徳の授業」はどう進められるのか

小学校で「道徳の授業」はどう進められるのか

道徳授業の現場では、教師たちの模索が続いているという。写真は本文とは関係ありません(写真:Greyscale/PIXTA)

小学校で道徳が必修となって早5カ月が経とうとしている。必修化の決定前には「道徳の教科化は戦前の国家主義への回帰だ」などと批判する声があった。実際、道徳の授業はどのように展開され、子どもたちはどんな反応を示しているのか。そして、現場で指導に当たる教師は、どのように授業に臨み、評価しているのか。中野区立塔山小学校(東京都)の幸阪芽吹指導教諭が解説する。

今年度から、小学校では道徳の時間が「道徳科」として教科となった。実際の現場では、どのように授業が行われ、何が大切にされているのだろうか。

道徳科の目標は、道徳的諸価値を理解することが基となる。「努力」を例に考えると、以下のようになる。

努力をすることは、人としてよりよく生きていくうえで大切である(価値理解)
努力をし続けることはそう簡単にできるものではない(人間理解)
努力ができたりできなかったりするときの感じ方、考え方は多様である(他者理解)

これらを基に、自らの経験やそのときの感じ方、考え方を振り返りながら自己を見つめ、物事を多面的・多角的に考え、自己の生き方についての考えを深める学習が道徳科である。そして、道徳科の授業を通して、道徳的な判断力、心情、実践意欲と態度を育てるのである。

■先生と子どもはどうやり取りするのか

教科化に伴い、道徳科は年間35時間(小学校1年生は34時間)行われる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)