「万引き家族」が中国の若者も魅了したワケ

「万引き家族」が中国の若者も魅了したワケ

出演したリリー・フランキー(左)と城桧吏(写真:(C)2018 フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.)

第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールに輝いた日本映画『万引き家族』は、中国でも大人気を博した。

中国全土約6000スクリーンで公開され、8月3〜11日の興行収入だけで8390万元(約13億円)。なんと公開9日間で中国で放映された歴代の実写邦画を抜き、第1位の座を取ったのだ。中国の映画レビューサイトを見ても評価が高く、レビュー数も多いことから、たくさんの人(ほとんど若者)の心をつかんだことがわかる。

万引きで足りない生活費を稼ぐ家族という日本人からみてもあまりなじみがない、むしろネガティブ要素もある映画だ。なぜ、中国人(特に若者)にこんなに受け入れられたのか。そして、映画に強く共感を示した背景とは何か、今回はそれを分析したい。

■文芸青年は熱狂的なファン

この映画の興行収入にいちばん貢献していると思われる「文芸青年(略して、文青ともいう)」の実像を見てみよう。

以前の記事にも書いたが、「文芸青年」というのは、「自分に芸術の品格がある」と思わせたい若者である。

シンプル、または個性的なファッションを好み、おしゃれな書店やカフェによく出かけ、マス(一般大衆)にあまり知られていないアーティストの映画や個展に行く。

WeChat(ウィーチャット:中国版チャットアプリ)の「朋友圏(SNSのタイムラインに相当)」やレビューサイトに、行ったことの自慢と長い感想を書き込むのが一般的である。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)