お金がない文系50代でも「医者」になれる方法

お金がない文系50代でも「医者」になれる方法

文系の40〜50代の会社員でも、今から 「医者になれる」方法がある?(写真:Satoshi KOHNO / PIXTA)

東大卒業生よりも平均収入が高く、定年もなく、そして多くの人を苦しみから救える仕事――「医師」。そんな医師に、貯金わずかの50代文系会社員でも、今から(多少の努力と頑張りで)なれるとしたら、あなたも挑んでみたくはならないだろうか? 500人超の東大生、2000人超の医学部生を生んだ、元・駿台カリスマ講師らが上梓した『偏差値24でも、中高年でも、お金がなくても、今から医者になれる法』(KADOKAWA)の著者が“社会人でも医師になれる方法”を解説する。

■なぜ、会社員こそが医師を目指すべき時代なのか?

昨今、医療にAI(人工知能)導入が進み、人生100年の時代が近いといわれます。結果、これから日本(や中国など)にやってくるのが「超高齢化」社会であり、かつてないほど「医師の数」が不足する世界です。

ですから、実は今こそ、普通の会社員をはじめ、多くの人が医師になれる大チャンスの時代なのです。

そして、あなたが学生時代に成績が悪くて“偏差値が24”だったとしても、あなたがすでに“いい歳”であるとしても、“経済的に余裕がない人”であるとしても、医師になる方法は、今やいくらでもある時代になりました。

センター試験さえクリアすれば、あとは面接と小論文(ともに、社会人経験者は有利です)だけで医師になれる医学部があることを、あなたはご存じでしょうか? あるいは、医師が足りない地方での何年かの勤務さえ約束すれば、学費を全額免除される医学部があることをご存じでしょうか? また、医学部合格者の9割が、そのまま医師になる事実をご存じでしょうか?

私(予備校講師)のところには毎日、数多くの生徒が、いろいろな相談を持ちかけてきます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)