「貧困は自己責任」と断じる人の浅すぎる思慮

「貧困は自己責任」と断じる人の浅すぎる思慮

現実には「自己責任発言=思考停止」なのではないでしょうか(写真:xiangtao/PIXTA)

『高校生ワーキングプア:「見えない貧困」の真実』(NHKスペシャル取材班著、新潮社)は、なかなか見えづらい「若者の貧困」の実態をNHKスペシャル取材班が明らかにしたノンフィクション。

取材班は、まだ貧困がいまのように多く語られることがなかったころから、その時代ごとの貧困の実像をとらえる番組を数多く放送してきたのだという。いわば本書は、時間をかけて行われてきた取材実績の、現時点における集大成であるといえる。

最初に、働きながらも生活保護水準以下の暮らしを強いられる人々や、働く貧困層の実態を捉えたNHKスペシャル「ワーキングプア〜働いても働いても豊かになれない〜」を放送したのは2006年だというので、たしかにかなり早くからこの問題に取り組んでいたことになる。その後も、続編「ワーキングプアII〜努力すれば抜け出せますか〜」を含め、2007年にかけてキャンペーン報道を展開したのだそうだ。

そして年を経た2014年4月のNHKスペシャル「調査報告 女性たちの貧困〜“新たな連鎖”の衝撃〜」で克明にドキュメントしたのは、女性や次の世代の子どもたちに貧困が連鎖する実態。さらに同年12月のNHKスペシャル「子どもの未来を救え〜貧困の連鎖を断ち切るために〜」では、次の世代にまで貧困が連鎖する実態や、それを乗り越えようとする道筋を示している。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)