iPhoneを支えてきたTDK「スマホ電池」の実力

買収当時、ATLは「iPod」や携帯型DVDプレーヤーなどに電池を供給。その後スマホが普及し、ATLの薄いパウチ型電池(上写真)の需要が急増。iPodで実績があったATLはアップルに認められ、iPhoneに採用。その勢いでサムスンにも食い込んだ。TDKは設備投資や生産技術で全面支援した。

さらに成長著しい中国のスマホメーカーはiPhoneを開発の指標にしており、ATLは彼らに供給する場合でも大きな仕様変更を必要としないのも強みだ。2大スマホメーカーや中国勢を顧客に取り込んだATLは同じ仕様の電池を大量生産し、材料購買や生産でも規模のメリットが生きている。

続きは 東洋経済オンライン で

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)