「やりたい事がわからない」のは危険信号だ

「やりたい事がわからない」のは危険信号だ

自分の思いや意見を閉じ込めたままにしておくと、だんだん退化して、自分でさえつかみにくくなっていく(写真:Masaru123/iStock)

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャ?」の大野萌子です。

「日々何となく過ごしている」「特にやりたいこともない」「夢中になれるものがない」こんな思いを持ちつつ、毎日を送っている方も少なくないと思います。実際に、「自分がどうしたらよいのかわからない(ビジョンが持てない)」という相談も多いです。

自分の気持ちや考えが自分でつかみ切れない人は、日々の生活の中で、自分の気持ちをないがしろにしてしまうことが多く、自分を大切にできていない人とも言えます。他人に遠慮したり、空気を読みすぎたり、否定ばかりをされ続けた人に多く見られる現象です。

■謙虚になるがゆえに、どうでもよくなってしまう

自分の思いや意見を表出(相手に伝えることを)しなければ、それがだんだん退化していく傾向にあります。退化とはなくなってしまうことではなく、自分の中でつかみにくくなる、認めにくくなるということを指します。相手と何かを決めるときに、謙虚になるがゆえに「どっちでもいいから決めて」「任せる」というようなかかわりを続けてしまうと、当初はあった要望もだんだんと、どうでもよくなり、本当に「どっちでもよく」なってしまうのです。

それが、どのような影響を及ぼすかというと、人に振り回されやすくなります。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)