ホンダ「N-VAN」、乗って分かった軽バンの実力

ホンダ「N-VAN」、乗って分かった軽バンの実力

話題の新型軽商用バンの乗り味とは?(撮影:今井 康一)

新聞や一般紙を含めたマスコミの格好のネタである“クルマ離れ”。公共交通機関が発達している都心部では理解できるが、地方の移動の中心は「クルマ」であることは今も変わらない。その中でも軽自動車の割合は高く、国内新車販売に占める軽自動車の割合は年々増加傾向で、現在は40%近くに達している。

そんな軽自動車のカテゴリーの1つ「軽商用バン」は一般ユーザーにはなじみが少ないが、軽自動車をラインナップするメーカーにとっては確実にシェアを押さえておきたいカテゴリーである。小回りの利くコンパクトサイズに抜群の積載性、ランニングコストや維持費の安さなどから、ビジネスを支えるパートナーとして欠かすことのできない存在だからだ。ちなみに2017年の軽商用バンの販売台数は約20万1000台。実はこれ、軽自動車全販売台数(約184万台)の約1割を占めるのだ。

そんな軽商用バン市場に今年、彗星のごとくデビューしたのが、ホンダの新型軽バン「N-VAN」だ。7月13日の発売から約1カ月の8月20日までに、累計受注台数が販売計画(3000台/月)の4倍を超える1万4000台を超えた。

「次世代軽バンの新基準を創る」をコンセプトに乗用車(N-BOX)の基本コンポーネントを用いて開発されたN-VANは、さまざまな部分に軽商用1BOXの概念を超えた新発想が盛り込まれており、それらが市場で高い評価を受けた……というわけだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)