コカ・コーラ襲った「豪雨」と「トラック不足」

コカ・コーラ襲った「豪雨」と「トラック不足」

豪雨でコカ・コーラが大損害

コカ・コーラ襲った「豪雨」と「トラック不足」

コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングスは全国の自動販売機や小売店でコカ・コーラブランドの飲料を展開している。だが7月に豪雨に見舞われた同社は、苦境に立たされている(記者撮影)

例年にない猛暑が続いた今年の夏。道端の自動販売機で思わず冷たい飲み物を買い求めた人も少なくないだろう。炭酸飲料の代表格「コカ・コーラ」に、缶コーヒーの「ジョージア」、緑茶の「綾鷹」。知名度の高い数々の飲料ブランドを製造するのが、国内飲料メーカー首位のコカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングスだ。

だが同社は、今年6月末から7月初めにかけて山陽地方を中心に襲った記録的な集中豪雨によって、大きな損害を被った。

7月7日未明、広島県三原市を流れる沼田川の堤防が決壊し、氾濫。隣接するコカ・コーラの本郷工場と、中国地方の物流拠点である大型倉庫が浸水した。被害を受けた設備と製品の簿価は約90億円に達する。本郷工場は最大時には水が2.5mの高さまで入り込んだ。生産ラインの被害に加え、パレットと呼ばれる製品を乗せておく板状の台が濁流に流され、使い物にならなくなった。

■主力製品の生産ラインがすべて操業停止

本郷工場は、コカ・コーラが全国17カ所に持つ自社工場のうちの1つ。製造能力は全体のおよそ5%を占め、コカ・コーラ、ジョージア、綾鷹など一連の主力商品を製造していた。この浸水によって工場にある3つのラインすべてが操業停止になった。

工場の具体的な稼働再開時期の見込みは立っていない。浸水した製造ラインは修理だけでは済まず、新たに丸ごと導入しなければならない可能性もあり、「相当な期間、操業を停止することになる」(会社側)。

物流倉庫でも、夏場の最盛期に向けて保管していた多くのペットボトル飲料の完成品が流されて散乱した。一部被害が少なかった製品もあったが、ほとんどは廃棄せざるをえなくなった。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)