医学部攻略に不可欠な「効率・戦略・危機管理」

医学部攻略に不可欠な「効率・戦略・危機管理」

センター試験を含め、医学部受験には一般の受験とは違うアプローチが必要だ。写真は本文とは関係ありません(写真:YsPhoto/PIXTA)

夏休みが明け、いよいよ受験へ向けて準備を本格化させる重要な時期。医学部に進むべきかどうか、まだ悩んでいる高校生と親御さんを対象に「医学部受験のスペシャリスト」である代々木ゼミナールの加藤広行さんがその心得を解説する。第5回のテーマは「学科試験の実態と対策法」(次回は9月12日配信予定、第4回はこちら)。

前回に続いて「技」の部分にふれていく。大学入試センター試験と各大学の試験に分けて、医学部入試の実態とその対策法を詳しく解説しよう。また、今の高校1年生から受験する新テスト「大学入学共通テスト」についても、主な変更点や対策について説明する。

第2回で説明した通り、国公立のセンター試験の合格者平均点は得点率で85%〜95%位の範囲にある。点数が低めの大学の場合は80%台の合格者が多いということになるが、目標点はあくまでも高めの90%と考えるべきだ。

7科目(私立は各大学の必要科目)合計で90%が目標ということは、文系科目の国語や地歴公民は低めの85%と想定すると、残りの「英語・数学・理科は95%〜満点」が現実的となる。意識としては「点数を積み上げる」ではなく、「何点までなら落とせるか」と考えるべきだ。

時間の逆算から考えると、現役生なら2年生の時点で80%取れていれば「希望の持てる通過点」と言える。現役合格を目指すならば、まずはこの目標からクリアしていこう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)