甲子園後も「U18」の活躍に注目が集まるワケ

甲子園後も「U18」の活躍に注目が集まるワケ

野球のU18アジア選手権に出場する高校日本代表の記者会見で、ポーズをとる(左から)小園海斗選手、主将の中川卓也選手、吉田輝星投手=8月26日、東京都内(写真:共同通信社)

皆さんこんにちは、プロ野球解説者の礒部公一です。

全国高校野球選手権大会の決勝では、大阪桐蔭と金足農が対戦。大阪桐蔭が金足農・吉田選手を打ち崩し、史上2回目の春夏連覇を達成しました。いやはや、観ている方も最後までめちゃくちゃ盛り上がりましたね!

今、選手たちは高校日本代表チームとして、U18アジア選手権で熱戦を繰り広げています。

甲子園は閉幕しましたが、まだまだ野球ファンをワクワクさせ続けてくれそうです。このワクワク、どうやら10月のドラフト会議まで継続しそうですね!

私自身も甲子園のあとに高校日本代表を経験しています。

選手が招集されてから大会までは、ものすごい短期間。なので、世間から見ればチームづくりは非常に難しそうに感じるでしょう。

ですが、個々の能力が高いトップクラスの選手は、まだ若い高校生であっても、試合の中での状況判断がすでにできる高い能力を備えています。よって、役割分担の割り振りがしやすく、短期間の合宿でも高いレベルの強いチームが、比較的すんなりできるのではないかと考えています。

■金属バットと木製バットの違い

選手にとって今までの高校野球とのいちばんの違いは、金属バットから木製バットに変わることです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)