日清食品、「eスポーツ大会を協賛」の舞台裏

日清食品、「eスポーツ大会を協賛」の舞台裏

EVO Japanでは、トップパートナーとしてカップヌードルが支援しました。会場には巨大なカップヌードルのオブジェが飾られ、配信動画にもカップヌードルがカットインしています(写真:日清食品)

eスポーツイベントのほとんどは、そのイベントで使用されるタイトルのIPを保持するゲームメーカーやコントローラーやマウス、キーボードといった周辺機器メーカーによる協賛がほとんどです。そのため、イベントそのものがプロモーションの一貫とみられがちになってしまいます。そういった面では、まだまだイベント単体として成立しているとは言いがたいeスポーツですが、少しずつ状況は変わってきています。

1月26〜28日に池袋と秋葉原で開催された「EVO Japan 2018」では、日清食品のカップヌードルがスポンサードしています。EVO Japan 2018ではトップパートナーとしての協賛です。同じく、8月3〜5日(現地時間)にアメリカ・ラスベガスで開催されたEVO 2018では日清食品グループの米国法人であるアメリカ日清がスポンサーとして参加しました。

■なぜeスポーツイベントに協賛するのか

日清食品グループは数多くのスポーツに協賛してきた食品メーカーですが、eスポーツ事業への参入はここ数年のこと。エナジードリンク系以外では珍しい食品業界のeスポーツへのスポンサードであります。このゲーム業界という直接的なかかわりがない分野にスポンサードすることについて、日清食品グループはどういったスタンスでスポンサードしたのだろうか。そのあたりを日清食品ホールディングス広報部に問い合わせてみました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)