関空の玄関口「なんば」南海電鉄が抱く危機感

関空の玄関口「なんば」南海電鉄が抱く危機感

南海電鉄の難波駅。昭和初期に建てられた壮麗な駅ビルには高島屋大阪店がテナントとして入居している(写真:柳井研一郎 / PIXTA)

9月4日に本州を直撃した台風21号の影響で関西国際空港(関空)と連絡橋に大きな被害が発生し、南海電気鉄道(南海電鉄)空港線とJR関西空港線は5日15時現在も運休している。被災された方々に心よりお見舞い申し上げるとともに、被災したインフラの全面復旧を願っている。

■難波の魅力をどう高めるか

8月のある日、台湾の空の玄関口である桃園空港と台北市内を結ぶ桃園メトロ(桃園捷運・とうえんしょううん)の台北駅では、構内の広告ビジョンに南海電鉄のスポットCMが流れていた。南海線の関西空港駅―難波(なんば)駅間を結ぶ特急「ラピート」の映像とともに、大阪市内や高野山などの沿線の名所が次々と映し出され、桃園空港から関空へ向かう人たちに向けて、南海電鉄の利用をアピールしていた。

ここ数年で、南海電鉄のターミナルである難波駅周辺の商店街や道頓堀では、「粉もん」グルメを楽しんだり、記念撮影に興じたりする訪日客のグループが日常の光景になった。実際、南海線関西空港駅―難波駅間の訪日客の利用は、2017年度末までの過去6年で2倍に拡大したという。

南海電鉄の遠北光彦社長は「目的地としての難波の強化は、当社にとって最も重要なテーマのひとつ」だと強調。「難波はグルメ・観光・ショッピングが揃っているエリア」とその魅力を述べたうえで「これまで以上に夜の治安向上や、トイレやゴミ箱の増設など街の美化を進める必要がある」とさらなる魅力向上へ向けた課題を示す。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)