ハッキリしてほしい、就活中の「クールビズ」

ハッキリしてほしい、就活中の「クールビズ」

企業の「クールビズで」という服装指示が就活生を迷わせる(写真:Fast&Slow / PIXTA)

「就職活動=黒スーツ」は日本だけの風景。当事者である就活生と企業はどのように考えているのか。

人事関係者にとって、黒のリクルートスーツは見慣れたファッションだが、就活生以外で黒のスーツを着ているビジネスマンはまれだ。通夜や告別式以外で見ることはほとんどない。滅多に見ない服装なので、会社訪問する黒スーツ姿の就活生は目立つ。

春先でも就活生は異様に見えるが、連休を過ぎて気温が上がり、梅雨を過ぎ、高温多湿な夏になっていくと、さらに違和感が増す。というのも、ビジネスマンのファッションはむしろカジュアル化しており、就活生の堅苦しい服装との差が目立つからだ。

総務省の家計調査によれば、1世帯あたりのスーツ(背広、ネクタイ、ワイシャツの合計)の年間支出額は、1991年(バブルがはじけ始めた年)に2万5000円超とピークを迎えた。ところが25年後の2016年には、6959円と3割以下まで減少した。

■クールビズ推奨企業は36%に過ぎない

2011年に底を打ち、横ばいになっているが、これは3月の東日本大震災の影響だろう。震災被害によって電力危機が起こり、暑くなってもエアコン使用を控え、クールビズが一気に普及。ビジネスファッションに対する意識も一変し、夏冬を問わずスーツ姿が減り、ネクタイを見ることは少なくなった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)