誰もが知っておきたい「乳がん診断」の最先端

誰もが知っておきたい「乳がん診断」の最先端

乳がんであるかどうかは、病理診断によって決まるといっても過言ではない(写真:mits / PIXTA)

8月27日、漫画『ちびまる子ちゃん』の作者、さくらももこさんが乳がんで8月15日に亡くなったことが明らかになり、日本中に大きな衝撃を与えた。乳がんを見落とさないためにも、定期的に検査を受けておきたい。では実際、患者となる私たちは病院でどんな検査を受け、治療方針はどのように決まるのか。8月30日配信のさくらさん死因「乳がん」の診断が難しい根因に続いて、診断のスペシャリスト、小倉加奈子医師が解説する。

がんの精密検査といえば、病変部の細胞や組織を直接採取して顕微鏡で観察する「病理検査」を指すことが多い。病理検査で下される病理診断が「がんの最終診断」となる。特に乳がんは、治療方針も含め、病理診断によって決まるといっても過言ではない。

乳がんの病理検査は、自己検診で「しこり」を発見したとき、あるいは乳がん検診で異常を指摘されたときに行われる。乳がん検診は、マンモグラフィー検査や超音波検査が主流であるが、ここでの異常所見の程度によって、病理検査を行うか否かが決定される。

マンモグラフィー検査の場合は、異常の有無や程度によって5段階評価する。カテゴリー分類と呼ばれているが、カテゴリー3以上は、要精密検査、すなわち病理検査が推奨される。カテゴリー5の場合は、がんの可能性が高くなる。超音波検査の場合もがんに特徴的な所見がいくつかあり、それに該当している所見があった場合は、やはり病理検査が行われる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)