窮地・スルガ銀、報告書が明らかにする「実態」

窮地・スルガ銀、報告書が明らかにする「実態」

窮地に立つスルガ銀行。報告書を受けてどう対処するか(撮影:梅谷秀司)

女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営するスマートデイズの経営行き詰まりで発覚したスルガ銀行の不適切融資問題。第三者委員会(委員長=中村直人弁護士)の調査結果が本日9月7日公表される。審査書類の改ざんなど不適切な融資が、シェアハウス以外のアパート・マンション投資用ローンにも蔓延していた実態が明らかとなりそうだ。

焦点のひとつは不適切融資の総額だ。スルガ銀行の貸出金残高3兆1500億円のうち、3割を超す1兆円の貸し出しが不適切な手続きで実行されたのではとの見方が強まっている。この問題の発端であり社会問題化したシェアハウス融資残高2000億円の5倍にも上る。

■「投資用不動産ローン」の残高は?

そしてアナリストや投資家が注目するのが、「投資用不動産ローン」の残高が実際にどうなっているのかということだ。

貸出金3兆1500億円のうち、9割が個人向けローン。スルガ銀行は個人向けローンのうち2兆円を「住宅ローン」と説明してきた。

残りの9000億円は「パーソナルローン」で、これは有担保ローンや無担保カードローンなどからなる。ある投資家は「投資用不動産ローンは、6000億円ほどの有担保ローンに含まれると考えていた」と語る。

ところが現在では、投資用不動産ローンの残高は2兆円にも及ぶとの見方が広がっている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)