サッカーW杯熱狂の陰で開幕したFリーグの今

サッカーW杯熱狂の陰で開幕したFリーグの今

ペスカドーラ町田でプレーする滝田学選手(筆者撮影)

「ひっそり開幕する感じは嫌だ」

ワールドカップロシア大会の開幕を目前に控え、国内がサッカーの話題で埋め尽くされていた6月12日、フットサル日本代表の滝田学(ペスカドーラ町田所属)は、自身のブログにこうつづった。

4日後に開幕するFリーグ(日本フットサルリーグ)に対する注目度が、例年以上に低くなるのではないか、という危機感を募らせての行動だった。

滝田をはじめとする多くのフットサル選手や関係者は、SNSを使ってFリーグの開幕を積極的にアピールしたが、結果的に、滝田の悪い予感は的中してしまう。Fリーグ・ディヴィジョン1の開幕戦6試合の合計入場者数は、4478人。例年にも増してひっそりと、12年目のFリーグは開幕した。

昨年、Fリーグは、AbemaTVとタッグを組み、スマートフォンと通信環境さえあれば、どこでも迫力ある試合映像を楽しむことができる環境をファンに提供した。この取り組みは今シーズンも続いている。

AbemaTVをテレビ朝日と共同で運営するサイバーエージェントは、2018年9月期第2四半期決算発表にて、主要事業である広告事業とゲーム事業で積み上げた利益を使って、メディア事業に十分な投資を行い、中長期的に事業の柱に育てていくという方針を改めて打ち出しており、現在も昨年とほぼ同様のペースでAbemaTVに対して先行投資を行っている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)