BMW「X4」、ベールを脱いだ新型SUVの全貌

BMW「X4」、ベールを脱いだ新型SUVの全貌

BMWの新型「X4」(写真:BMW)

BMWは9月6日、東京都内で新型「X4」の発売を発表した。

■主要なコンポーネンツは「X3」と共通

X4は初代が2014年に登場したクーペスタイルのSUV〔同社はSUV(スポーツ・ユーティリティ・ヴィークル)ではなくSAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)と呼ぶ〕で、プラットフォームをはじめ主要なコンポーネンツを昨年10月に日本発売された同じくSAVの「X3」と共有する。

BMWはもともとセダン、ワゴン、SUVに奇数、それ以外のクーペモデルに偶数のモデル名を与えており、X3とX4の関係は、「X1」と「X2」、「X5」と「X6」の関係と同じ。2019年のモデルチェンジが予想される次期「3シリーズ」もこの新世代プラットフォームを用いる。

新型X4は全長4760×全幅1920〜1940mm×全高1620mmと、初代よりもひと回りサイズアップした。ガソリン2リッター直4ターボエンジン(最高出力252馬力/5200rpm、最大トルク35.7kgm/1450-4800rpm)を搭載する「xDrive 30i」、ガソリン3リッター直6ターボエンジン(同360ps/5500rpm、同51.0kgm/1520-4800rpm)を搭載する「M40i」の2モデルをラインナップする。トランスミッションは、いずれも8速ATとの組み合わせだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)