アウディ新型A8上陸でも「自動運転」実現せず

アウディ新型A8上陸でも「自動運転」実現せず

新型「A8」の国内投入を発表したアウディ日本法人のフィリップ・ノアック社長。レベル3の自動運転の機能を搭載したと強調したが…(撮影:梅谷秀司)

自動運転車――。運転の負担から人間を解放してくれる夢のクルマだ。限定的ながらその機能を備えた世界初の市販車が、日本に近々上陸することになった。独アウディ日本法人は9月5日、新型の旗艦セダン「A8」を10月15日に国内でも発売すると発表した。

1994年の初代登場から4代目。8年ぶりのフルモデルチェンジに合わせて、緊急時のみ人間が運転する条件付き自動運転「レベル3」の機能を開発した。しかし、公道での実際の運転でその最先端技術の実力を発揮することはできない。技術は実用化にまで至った一方で、自動運転に対応した法整備が置き去りになっているのだ。

■最高峰の安全運転支援技術を導入

「世界で初めてレベル3の条件付き自動運転を可能にすべく開発された」。アウディ日本法人のフィリップ・ノアック社長は9月5日に開いた発表会で、世界で自動運転技術の開発競争が激化する中、市場投入で一歩先んじた自負をのぞかせた。価格は税込み1140万円から。アウディは独フォルクスワーゲングループにおける技術開発の中核企業。その旗艦車種であるA8の新型車にはアウディの技術の粋が込められている。

特に注目を集めるのが、安全技術だ。将来的な自動運転の実現を見据え、量産車として世界で初めて、レーザースキャナーの「LiDAR(ライダー)」を採用した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)