キヤノンが挑む「高級ミラーレス」陣取り合戦

キヤノンが挑む「高級ミラーレス」陣取り合戦

キヤノンが満を持して発表したフルサイズミラーレス一眼カメラ「EOS R」。参考価格は23万7500円だ(撮影:尾形文繁)

1987年にオートフォーカス一眼レフカメラの「EOS(イオス)」シリーズを発売してから約30年。カメラ大手のキヤノンが、新たなステージへと踏み出した。

「これから先の30年とその先を見据えた」。9月5日、キヤノンの真栄田雅也社長が自信たっぷりに語り始めた新製品発表会。ずらりと並んだ経営陣とともに披露したのが、ミラーレス一眼カメラの新製品「EOS R」だ。本体の参考価格は23万7500円(税別)。発表会で見えてきたのは、次の30年に向けてミラーレスへと軸足を移していくという姿勢だった。

EOS Rは、まさに“肝いり”だ。1つは新たに開発したマウントだ。マウントとはカメラ本体とレンズの接合部の規格。通常はメーカーごとに規格が異なり、アダプターをつけない限り他社のレンズは使えない。それゆえ、交換レンズはカメラメーカーの収益性を支えてきた。

■30年ぶり新マウントをミラーレスに

今回採用したのが、同社がこの30年間展開してきた独自の「EFマウント」とはまったく異なる「RFマウント」。54ミリメートルという大口径で、より多くの光を取り込めるように設計。さらに、本体とレンズとの間で大容量高速通信により連携を強化し、手ぶれ補正効果や連写機能を向上させた。

しかし、RFマウントでは従来のEFレンズをそのまま使用することができない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)