日本で「南インド料理屋」激増の意外な理由

日本で「南インド料理屋」激増の意外な理由

今年4月にオープンした東京・渋谷「エリックサウスマサラダイナー」のマサラダイナーミールス。南インドのいわゆる定食だ(撮影:今井康一)

よく見慣れた光景も、「カレー」というフィルターを通すことで、別の世界が見えてくる。同一ジャンルのカレー店が目につく街、本業の裏でひそかに“カレー活動”する人、局地的に巻き起こるカレーの新潮流。そうした、カレー目線からこそ見える異世界=「カレー経済圏」を訪れる本連載。
 
今回スポットを当てたのは「南インド料理」。日本では圧倒的に主流である北インド系のカレーに比べるとまだマニアックな存在だが、ここ数年、東京を中心に専門店の数が大幅に増えている。はたしてその真の理由は何なのか。取材を進めてみたところ、予想外の要因にいきあたった。

■5軒だけだった専門店が今や60軒に

個人的に集計したところ、現在、東京には南インド料理店が約60軒ある。食べログ掲載店をベースに考えると、インド料理店自体は東京に1500軒ほどあるので、割合でいえば南インド料理店はその4%程度にすぎない。しかし増加率は目覚ましいものがある。

2005年ごろにはまだ都内の南インド料理店は5軒ほどしかなかったといわれるので、13年で10倍ほどに増えたことになる。特に今年は、銀座「バンゲラズキッチン」や大山「ヤジニ」など注目の南インド料理店が立て続けにオープンし、その勢いは加速しているように見える。

象徴的なのが、4月にオープンした渋谷の大型南インド料理店「エリックサウスマサラダイナー」だ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)