ガザから来日した女性起業家が訴えたい言葉

ガザから来日した女性起業家が訴えたい言葉

ガザではイスラエルやアメリカへの抗議行動が活発化している(写真:GARDEN Journalism)

さまざまな社会問題と向き合うNPOやNGOなど、公益事業者の現場に焦点を当てた専門メディア「GARDEN」と「東洋経済オンライン」がコラボ。日々のニュースに埋もれてしまいがちな国内外の多様な問題を掘り起こし、草の根的に支援策を実行し続ける公益事業者たちの活動から、社会を前進させるアイデアを探っていく。

■ガザ戦争以来の緊張関係にあるハマースとイスラエル

トランプ大統領がエルサレムへの大使館移設の発表をして以来、ガザではイスラエルやアメリカへの抗議行動が活発化。占領を続けるイスラエルに抗議し、パレスチナ難民の帰還を求めるデモなども相次いでいます。ガザを統治するハマースとイスラエルの間での緊張関係も高まっています。断続的にイスラエル国防軍によるガザへの空爆などもあり、ガザ保健省の発表では、今年3月末からこれまで亡くなったパレスチナ人の数は170人以上、負傷者は1万8000人を超えているといいます。2014年に大規模な戦闘に発展したガザ戦争以来の緊張関係です。

そんな中、2018年9月、パレスチナ・ガザから女性起業家マジッド・マシャラウィさんが来日しました。

マジッドさんは、GARDEN Journalismが以前取材した(「ガザで起業支援!次世代を担う若手起業家と見るガザの未来」)、ガザなどで起業支援をしている「Japan Gaza Innovation Challenge〔現・一般社団法人ソーシャル・イノベーション・ワークス(Si-Works)〕」が2016年にガザで開催したビジネスコンテストの優勝者です。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)