僕たちが「抵抗されても変革をやめない」理由

僕たちが「抵抗されても変革をやめない」理由

汗をかく必要がないところで、汗をかくように強いている日本の環境がおかしい(撮影:尾形文繁)

人生100年時代、長い人生を豊かに送るために、日本人は働き方をどう変えていくべきなのか。

2009年よりカルビー株式会社のCEOとして業績をV字回復させ「カリスマ会長」と呼ばれてきた松本晃氏(71)が、今年3月突然退任、RIZAPグループ株式会社代表取締役COOに就任して業界を驚かせた。

小泉小委員会で日本の未来についてタブーなき激論を交わし、『人生100年時代の国家戦略 小泉小委員会の500日』でそのすべてが明かされた衆議院議員・小泉進次郎氏(37)とともに、世代を超えて日本人の働き方について語り合った。

■人生100年時代の「食」と「健康」

小泉進次郎(以下、小泉):僕は、松本さんのことを、すごくいい意味で「脳みそが溶けている」方だと思っているんです。一定のところに染まらず、つねに振れ幅を持ち、柔軟な発想を持ち、自由です。それを僕なりに「脳みそが溶けている」と表現しているんです。だから、今回カルビーからRIZAPグループのCOOに就任とお聞きしても、正直、驚きませんでした。

松本晃(以下、松本):まあ、周りの反応は、あいつは相変わらず変わったことをやる奴だなという感じですよ。そもそも、ぼくは伊藤忠商事で医療機器を手掛けて、ジョンソン・エンド・ジョンソンでヘルスケアにどっぷりと浸かりました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)