「震災時のデマ」が善意を元に広がるカラクリ

「震災時のデマ」が善意を元に広がるカラクリ

災害時だからこそ気をつけたい情報収集術とは?(写真:Kyodo/via REUTERS)

この夏、巨大な台風や豪雨被害が日本中を襲った。そして先週9月6日には、北海道の観測史上最も強い最大震度7の地震が発生した。

■災害時はSNS上でニセ情報やデマ情報が広まりやすい

災害に対する備えはもちろん重要である。しかし、災害時の情報収集に役立つ「SNSの使い方」にも注意したい。というのも、大きな災害が起きると、SNS上でニセ情報やデマ情報が広まりやすいからだ。

7月の西日本豪雨の時も、ツイッター上でニセ情報が広く出回った。その内容は、「レスキュー隊のような服を着た窃盗グループが被災地に入っている」「犯人が乗っている車は◯◯で、ナンバーは◯◯◯◯」というもの。これを問題視した広島県警は同月8日、不確かな情報を拡散しないよう注意喚起のチラシをホームページやツイッターで発信した。

★減らそう犯罪情報官のつぶやき
この度の災害で被災された方には心からお見舞い申し上げます。
災害に乗じた盗難や詐欺にはくれぐれも注意してください。
また,デマ情報に惑わされず,冷静な行動をお願いします。

詳細は犯罪情報官速報(https://t.co/vussEHGUlA)をご覧ください。 pic.twitter.com/tc1FhLojjC

? 広島県警察(公式) (@HP_maplekun) 2018年7月9日

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)