触ってわかった「iPhone XR」の不思議な魅力

触ってわかった「iPhone XR」の不思議な魅力

9月12日に発表されたiPhoneの中でもっとも価格が抑えられた6.1インチの「iPhone XR」(筆者撮影)

アップルは米国時間9月12日、iPhoneとApple Watchの新モデルを公開した(参考記事:新iPhone、価格発表の瞬間に凍りついたワケ)。

この中でまったく新しいデバイスとして登場したのが、有機ELディスプレーではなく液晶ディスプレーを備えた全画面スマートフォン「iPhone XR(テンアール)」だ。

■iPhone全体の中での位置付けは?

2017年に登場した「iPhone X」は、これまでのiPhoneのアイデンティティともなっていたホームボタンを廃止し、表面すべてをディスプレーで覆ったうえで、画面上部にTrueDepthカメラを備え、顔認証のFace IDを実現。これを「今後のiPhoneのコンセプト」として紹介した。

2018年モデルでは、5.8インチの有機ELディスプレーを搭載するiPhone Xの後継モデル「iPhone XS(テンエス)」と、この画面を拡大した6.5インチの「iPhone XS Max(テンエスマックス)」が登場した。この大画面モデルの登場によって、ライバルとなるサムスン電子のフラッグシップモデル「GALAXY Note 9」に対抗できるとの見方が強まった。

一方で価格はiPhone XSが999ドルから、iPhone XS Maxが1099ドルからと、2017年モデルを維持した点は意外に受け止められた。

一方、価格を抑えた「iPhone XR」の登場で、ハイエンドモデルのiPhone XSシリーズからより手頃なiPhone XRというラインアップを構築でき、iPhone XRの魅力をより高める結果となった。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)