「R32GT-R」が今なお200万円以上で売れる理由

「R32GT-R」が今なお200万円以上で売れる理由

今なおファンに絶大な人気を誇るR32型の「スカイラインGT-R」(写真:日産自動車ニュースルーム)

新車価格450万〜530万円程度。25年以上前の中古車が、今なお安くても200万円、高いと1000万円もの値をつける――。

■伝説のクルマ、R32型の「スカイラインGT-R」

そんな伝説のクルマが、1989〜1994年に日産自動車が新車で販売していた「スカイラインGT-R」だ。車両型式「BNR32」から付いた通称が「R32GT-R」。ベース車のR32型スカイラインの2ドアクーペモデルに、強力なエンジンをはじめとするレース車並みのメカニズムを搭載。ベース車よりもボディサイズを拡幅して見た目の迫力も増したモデルである。

R32GT-Rは熱狂的なファンに親しまれ、海の向こうアメリカでも大人気を博している。フェラーリやランボルギーニのようなスーパーカーならともかく、古い日本車では珍しい。なぜ、R32GT-Rはここまで評価されているのか。スカイラインやGT-Rの歴史とともに考察してみよう。

1989年のフルモデルチェンジにより8世代目となったR32スカイラインは、前型のR31スカイラインに比べ車体の全長と全高を小さくして登場した。今日も含め、新車登場の折には前型に比べ大きくすることで、進化の様子や上級志向を示すことが行われている。

ところが、R32スカイラインは小型化という道を選んだことに、当時は驚きが広がった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)