「有名企業への就職率」が高い大学ランキング

「有名企業への就職率」が高い大学ランキング

「有名企業への就職率が高い大学ランキング」トップ10

英国オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授が、AI(人工知能)の発達によって現在の仕事の半分がなくなると指摘したのは、数年前。大学生の就職活動に直結する問題だが、2018年卒業生を対象にした「有名企業400社の実就職率」ランキングにも、その兆しが見える。

「有名企業400社の実就職率」は、誰もが知っている大企業400社に対し、卒業生(大学院進学者を除く)のうち、どれだけの割合で就職しているのかを算出したもの。対象となる400社は、トヨタ自動車や日立製作所、三菱UFJ銀行などを筆頭に、日経平均株価指数の採用銘柄や、会社規模、知名度、大学生の人気企業ランキングなどを参考に選んでいる。

全体的な傾向としては、400社に含まれる3大メガバンクの就職者が減少する大学が増えた。その結果、400社への実就職率を下げる大学が多数あった。

3大メガバンクは、報道されている2019年卒の採用減より早く、すでに2018年卒の採用を減らしている。今春の入行者数は、みずほフィナンシャルグループが2017年卒の採用数1880人から1365人に、三菱UFJ銀行が同1206人から1024人、三井住友銀行が同1347人から803人と、いずれも減少しているのだ。マイナス金利による収益悪化など要因はいくつか考えられるが、その中には、AIの発達を見越した採用減も含まれると見られる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)