9月末までの株式市場の動きを予想してみた

9月末までの株式市場の動きを予想してみた

アパート関連の「TATERU」がストップ安になったと思ったら、今度は北海道で大地震。カリスマ投資家は波乱の9月相場をどう見ているのだろうか(写真:新華社/アフロ)

「ようやく日経平均2万3000円突破が見えてきた」と思ったら、結局は5月以降「4度目の正直」もかなわず、2万2000円台をうろうろ。はっきりしない相場の中、カリスマ投資家の内田衛氏はどうしていたのか。どうやら持ち株の株主優待券を使って食事のハシゴをしていたようだ。その後「TATERUショック」が起きたらと思ったら、今度は北海道で大地震。内田氏は今後の相場をどう見ているのか。「株日記」でチェックしてみよう。

■「QBハウス」の株が年初来高値を更新

【8月27日 月曜日】先週末の日経225先物は、10円高の2万2600円。NYダウは133ドル高の2万5790ドル。1ドル=111.23円、1ユーロ=129.29円。

ヘアカット専門店のキュービーネットホールディングス(6571)が、9時17分、88円高の2272円を付け、年初来高値を更新した。理由は、大和証券が目標株価引き上げを発表したから。売り出し価格2250円で600株保有中。大和証券は、キュービーネットの主幹事証券で、大和証券を通じてIPO(新規公開株)で買っている人も多い。3月23日の上場初値は2115円と売り出し価格の2250円を下回り、その後も軟調な展開が続いていた。

また、優待目的保有中のすかいらーくホールディングス(3197)が、65円安の1595円と大きく下がったので、何かあったのかと調べたら、みずほ証券が投資判断を買いから中立に格下げ、目標株価を1750円から1550円に引き下げる発表をしていた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)