「フォロワー投資家」が高値づかみをする理由

「フォロワー投資家」が高値づかみをする理由

消費者目線で「この株は成長しているのだから、まだ買いだ」と思って買うと、高値づかみしやすい。それはなぜだろうか(写真:ロイター/アフロ)

2008年9月15日に起きたアメリカの金融危機からほぼ10年。この間、株式市場では勢力図が大きく変化した。

時価総額のモノサシは資源の代表格である「原油」から「データ」へと移り、アメリカでは消費者や企業にネット経由でモノや情報サービスを提供する「プラットフォーマー」の評価が急上昇。IT(情報技術)の巨大企業を束ねた「GAFA」や「FANG」などという造語も生まれ、アップルとアマゾンの2社はついに時価総額が1兆ドル(110兆円)を上回ってきた。だが、株価をつぶさにみると「二極化」が始まっている。

■「世界のSNS利用者33億人」をどうとらえるべきか

読者のみなさんは「クリティカル・マスポイント」という用語をご存知だろうか。これは新しいモノやサービスが普及していくうえでの「離陸ポイント」を指すマーケティング用語だ。俗に「いったん16%(約6.25人に1人)を上回ると、50%(2人に1人)超まで一気に拡がる」と言われる。その消費者の拡がりは以下の5つのグループに分類され、ベルカーブ(釣鐘型曲線)を描く。みなさんはどの消費者に属するだろうか?

@革新的採用者(仕掛ける側)  2.5%(累積普及率2.5%)
A初期採用者(流行に敏感)   13.5%(同16.0%)
B前期追随者(性能重視)     34.0%(同50.0%)
C後期追随者(割安重視)     34.0%(同84.0%)
D伝統主義者(流行に鈍感)    16.0%(同100.0%)

おおまかに分類すると、前半の16%(@とA)がブームの火付け役、中央の68%(BとC)がフォロワー役、後半の16%(D)が待機役ともいえよう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)