40代でやっと悟った親との楽な「付き合い方」

40代でやっと悟った親との楽な「付き合い方」

親だって人付き合いや肩書がある。それがわかると、案外親と付き合うのが楽になるのかもしれません(写真:新潮社写真部)

ともに40代を迎えたお笑い芸人で『一発屋芸人列伝』著者、山田ルイ53世さんと、コラムニストで、『生きるとか死ぬとか父親とか』著者のジェーン・スーさんの対談。前回(「女子」と「おじさん」が示す日本人の思考停止)は今のメディアや日本に蔓延している思考停止について語り合いましたが、今回はそれぞれの親との付き合い方について。実は2人には「親が不倫していた」という共通点がありました。

■引きこもりになった後、親が不倫

ジェーン・スー(以下、スー):山田さんのお父様はサラリーマンですか?

山田ルイ53世(以下、山田):うちは税関の職員です。母親も、もともと同じ神戸税関に勤めていて職場結婚。僕の父は粋でも格好よくもなくて、どちらかと言えば堅物で面白みのない人間です。

かろうじて、ジェーンさんのご家庭と共通点があるとしたら、親父が不倫したことくらいかな(笑)。

僕が引きこもりになった後だから、中学生半ばくらいの時。家族でご飯食べてたら、女の人から電話がかかってきて。しばしの不穏な沈黙の後、受話器から当時はやってた、ドラマ『東京ラブストーリー』のテーマ曲が聴こえてくる。

それが一晩の中に何回もというのが数カ月続いた。でもジェーンさんのお父さんの場合は、あまりどろどろした展開にならなかったみたいですね?

スー:私が生まれる前の話ですが、母親は呼び出されたりしたこともあったみたいですけど、「うちのがすみません」みたいな感じで出ていったと聞いています。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)