フォレスター「e-BOXER」乗ってわかった実力

フォレスター「e-BOXER」乗ってわかった実力

5代目フォレスターにハイブリッド仕様の「e-BOXER」が追加された(写真:SUBARU)

昨今、世界の自動車市場ではクロスオーバーSUVがブームとなっているが、1980〜1990年代にも同じような現象が起きていた。北米でのSUV人気が日本にも飛び火。当時は「RVブーム」と呼ばれ、三菱自動車「パジェロ」を筆頭にトヨタ自動車「ハイラックスサーフ」、日産自動車「テラノ」、いすゞ自動車「ビッグホーン」などさまざまなモデルが登場した。

当時のSUVはピックアップトラック派生の「ラダーフレーム」を採用していたモデルがほとんどで、モノコックボディの乗用車しかラインアップに持たなかった当時の富士重工業(スバル、現社名はSUBARU)はこのブームに乗れなかった。スバルは、ゼネラルモーターズグループの一員だったため、同じグループであるいすゞからビックホーンをOEM(相手先ブランドによる生産)で供給してもらったが、本家とネーミングまでまったく同じという急場しのぎでまったく売れず……。

「SUVが欲しい」、スバルにとってそれは日本よりも北米市場において切実だったという。そんな声に応えたのが1994年に2代目「レガシィツーリングワゴン」をベースに、クロスオーバーSUVに仕立てた「アウトバック」だった。ある意味、“苦肉の策”のモデルだったが、低重心&コンパクト水平対向エンジン+シンメトリカルAWDレイアウトにより、乗用車の走りとSUVの悪路走破性を両立させる走りが高く評価され、人気を博した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)