想像力が音楽家にもたらした新しい夢と転機

想像力が音楽家にもたらした新しい夢と転機

音楽家のもつ想像する力はどのように転用できるのでしょうか(写真:yenwen/iStock)

『一生懸命努力して、精一杯頭を使って、そして目一杯夢を見るのが大事だと思うんだ。夢が、現実のものにできると本当にありありとイメージできるなら、あとはもうその機会がいつ巡ってくるかだけだと思うんだ』
――by TIME FOR THREE コントラバス奏者 ラナーン・マイヤー

音楽家が想像力豊かであるというイメージを持たれている方は多い。

しかし、音楽家にとって“想像力”は、漠然とした「才能」や「芸術性」といった「浮世離れした、普通のひとは持っていないもの」ということではない。想像力は音楽を演奏するうえで技術的に欠かせない具体的な訓練を経て身につけ、向上させることができるものだ。

どんな楽器でも、奏でたい音を奏でるためには体を使って、物理的に行わなければならない。弦楽器であれば弦を適切に指で押さえ、弓で適切に弦を擦る必要がある。管楽器であれば、適切な指運びを行わなければならないし、唇・舌・息を適切に操作しなければならない。けっこう、肉体的でややこしい操作をしなければならないのだ。

それがある程度自然に操作できなければ、音楽表現に意識が向けられず、合奏やアンサンブルで他者と演奏するときに周りの音やタイミングを聴き合わせていくような注意力の余裕もなくなる。そのため、肉体的・物理的な運動や操作を徹底的に反復し身につけていく。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)