タクシーの「相乗りマッチング」は浸透するか

タクシーの「相乗りマッチング」は浸透するか

相乗りすることでタクシーに割安に乗れるスマホアプリが今年6月に登場した。終電や終バスを逃した深夜に活用できそうだ(記者撮影)

金曜の夜、飲み会に参加して終電を逃し、タクシーを拾おうにもざっと100人の行列ができていた。乗れるまで何分かかるか。このような経験をした人は多いだろう。そんなとき、同じ方面に向かう人と相乗りすることで、料金が3割安くなるサービスがあったらどうだろうか。相乗りを希望する人が多ければ、早くタクシーにも乗れ、利用者にとってのメリットは大きいはず。

■単独乗車よりも10%以上安くなる

実は首都圏ではすでにこのサービスが始まっている。スタートアップ企業の「NearMe.(ニアミー)」はスマートフォン向けに2組をマッチングするタクシーの相乗りアプリの提供を6月に始めた。使い方はシンプルでクレジットカードであらかじめ利用登録。目的地を入力すると、現在の位置情報を基に800メートル圏内で目的地が近い人を探し出す。アプリのプログラムの計算で、利用者が単独でタクシーに乗る場合に比べて10%程度以上割り引かれる場合にマッチングが成立する。平均30%ほど安くなるようだ。

ある9月の雨の平日、早速記者がニアミーを体験してみた。出発地は日本橋、目的地を新宿に指定する。予約機能を使い、20:00〜21:00に乗れるように設定すると、東京駅付近にいる新宿駅に向かいたい男性が見つかった。ちなみにマッチングが成功したのは、約1カ月間試し続けて初めてだった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)