池袋・錦糸町に逆転された「大塚・両国」の反撃

池袋・錦糸町に逆転された「大塚・両国」の反撃

両国駅はかつて東京の東の玄関口として錦糸町駅よりも栄えていた(写真:マリンバ/PIXTA)

今年1月6日、両国駅の3番線ホームからサイクルトレイン「B.B.BASE」が初出発した。

南武線で運行されていた209系を改造した「B.B.BASE」は、車内に自転車ラックが設置されるなど自転車愛好家たちを満足させる仕様になっている。近年、自転車と鉄道をコラボさせた輪行を楽しむファンが増えており、「B.B.BASE」はそうした輪行ファンを取り込む専用列車として計画された。

「B.B.BASE」はいくつかのコースが設定されるが、JR東日本千葉支社のツアー商品という扱い。そのため、両国駅を基点に房総半島方面を巡るコースが主になっている。また、基点となる両国駅は自転車の積み込みがしやすいように、段差がなくスムーズに3番線ホームに入場できる専用ゲートが設置された。

■東京の東の玄関口として栄えた時代があった



この列車が発着する両国駅3番線ホームは、長らく房総半島方面の特急列車専用ホームとして使用されてきた。しかし、1988年に両国駅発着の特急列車が廃止され、以降は新聞輸送列車が細々と発着するだけの寂しい状況になっていた。その新聞輸送列車も2010年に終了し、3番線ホームは使用されずに放置された。

両国橋駅(現・両国駅)は、総武鉄道(現・総武線)の駅として開業。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)