ニトリの物流戦略はここまで徹底している

ニトリの物流戦略はここまで徹底している

最近は都心部にも出店してきている(撮影:今井 康一)

「お、ねだん以上。」でおなじみの、家具・インテリア製造販売チェーンのニトリホールディングス。2017年には展開店舗数が500店を超え、日本全国47都道府県はもちろん、経済成長著しい中国でも20店舗以上を展開しています。

■独自のSPAモデル「製造物流小売業」

直近本決算の2018年は、31期連続の増収増益を達成するなど業績も好調。続く2019年2月期にも、さらなる成長が見込まれています。

拙著『アマゾン、ニトリ、ZARA…… すごい物流戦略 』でも詳しく解説していますが、ニトリグループでは、独自のSPAモデル「製造物流小売業」を確立し、暮らし向上商品を提供してきました。製造物流小売業とは、商品企画から製造・物流・販売までを一貫して、自社でプロデュースするビジネスモデル。SPAといえば「ユニクロ」や「GU」を展開するファーストリテイリング、「無印良品」の良品計画などが有名ですが、ニトリのように、物流機能まで自社で行っている例はほかには見当たりません。

また、基幹システムをはじめとしたグループ内で稼働するITシステムも、社内で独自開発したものです。メンテナンスについても、自社内でスピード対応しています。

ニトリが扱う商品の多くは、店舗からそのまま持ち帰ることができないような大型の家具やインテリア雑貨。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)